教室・ワークショップ

初のマーブルデモ講習♪

目の保養、第二弾shine

大鎌章弘さんの個展を見てきました。

(7月12日~19日、グラスホッパーギャラりーにて)

時間的にすいてるときだったので、お客さんは私ひとり!

大鎌先生も在廊されてたので、豪華解説付きで、

隅から隅まで、かぶりつきで見てまいりました~。

大鎌先生、すごく気さくな方です。

そしてそのあと、21日には大鎌先生のマーブルデモの講習会に

無謀にも参加してまいりました。

酸素バーナーはやったことないし、ましてやマーブルなんて

「どうやって作るのか、さっぱりわかりませーん」の世界だったのに、

まぁ、見るだけなら私にも出来るかな、なんて思って・・・coldsweats01

場所は、前回の日記に出てきた、小野 遼先生のNew工房。

グラススタジオ 楽卯(らくう)http://www.rakuu.org/ にて。

ステキな工房です。

そして、、、私は初めて見る酸素バーナー。でかっ。

Photo_7

この、月光仮面(古)・・・じゃない覆面をした方が大鎌先生。

(画像使用はご本人の許可いただいてます・・・が、すでに誰かわかんないしcoldsweats01

酸素バーナーはエアバーナーより炎の威力があり、出る光も強いので、

サングラス(普通のではなく、バーナーワーク用)は必需品。

見ている受講者もいっせいにビシッとサングラスをする様は、

傍から見たらかなーり怪しい集団です。

また、火力が強い分、肌もエアバーナーより日(火?)に焼けますので

先生いわく、「こんなに覆面してても、出ている眉毛の間がやける」

つまり、こち亀の両さん(両津勘吉)状態になるらしい。

そりゃー、要注意ですわ~smile (←ちょっと見てみたい人)

それにしても話には聞いてたけど、ぶっとい冷たいガラスをいきなり火にいれたり

作って冷めかけた作品を再び火に入れる(とんぼ玉だとバンッと割れてます)など

ガラスが違うとこんなことできるのねーと感心。

Dsc00694

ちなみにマーブルは、穴のない丸い玉で、

先生の作品はポンテ(作っているときについてるガラスの棒)跡も

すごくキレイになっていて、どこにポンテをつけていたのかわからないほど。

見る前にはどうやって作っているのか謎だらけでしたが、

なんとなーくわかったような気が・・・

(頼りない理解力でスミマセン・・・先生coldsweats01

こういった花も・・・・

Photo_8

このバラ、まだ途中段階の写真ですが、、今まではただ想像で

パーツで作って入れたんだろうなぁ、、、なんて思ってたところ、

そうではないということにビックリ!!

横から見ると、

Photo_10

↑は、形的には出来上がりに近い状態なので、その上の写真とは

状態が違うんですが、、、

いわば描いたものがガラスに入りこんでいって、

こんなふうに立体の花になっていくんですねー。信じられない~

それから、人工オパールの入ったペンダントトップも

デモしてくださいました。

Photo_11

不思議な色合いですが、これは数回、「冷まして→熱して」を

繰り返した後の色。

最初の色とは違うし、さらに繰り返せばまた色が変わるそうで、

これまた不思議です。』

と、ここで、7月28日訂正~coldsweats01

↑この写真は確かにオパール入りのペンダント写真ですが、

「熱して冷まして」を繰り返して色が変わったのは、

これの前に作ってくださった、ハニーコンブのペンダントでした~sweat01

(・・・以上、先生ご本人によるツッコミを頂きました。恐縮です~bearing

そういや、朦朧としていたのか、記憶が入り混じってます。

そしていまだに意識が混濁しているのでしょうか、、、

ハニー昆布?と思ってしまいました。私。

ちなみに、両津勘吉眉毛呼ばわりの記述に関しては、

まだクレームは頂いておりませんsmile うしし。)

と、さらっと書いてきましたが、

実はこの日、すごく暑い日でございましたsweat01

冷房のない工房(風があったりしては炎がゆれるので)で、

30人以上(おそらく)が、汗だくでバーナーを囲むという環境で、

朝10時半~午後6時近くまで、(もちろん休憩はさんでます)

最後のほう、ちょっと意識もーろーとしておりましたが、

小野先生たちが、業務用クーラー(可動式・ジャバラから風が出る)で

冷風をみんなの背中に当ててくださったりしたので、

無事、正気にかえることができましたcatface

しかし、先生のその集中力、すごいです・・・・

全部でいくつだろー?(やーね。覚えてないの?私・・・coldsweats01

作品数にして5個くらいデモをしてくださいましたが、

最後まで全然手を抜くことなく、出来たものは

十分展示会に出せる出来のものを目の前に見せて頂きました。

(電気炉でゆっくり除冷するため、帰るまでに見ることが出来なかったけど

大鎌さんのブログで、除冷後の作品を見ることができます)

また、小野先生の工房・楽卯に飾ってあるとのことなので、

行かれる機会があったら、是非、見てみてください。

しかし講習後、先生たちはさらに夜中まで、

また楽しく火遊びしてたそうでsmile ・・・・、そのパワーにもっとビックリです!

だけど、男性の作家さんたちって、なんだかみんな少年のまま

大きくなった感じですよ happy01 わははは。

大鎌先生のHPはこちら↓

『ガラス工房 はんど』 http://www.glassstudio-hand.com/

| | コメント (2)

教室展も終わり・・

Photo_4  無事、合同教室展も終わりました。

・・・・ということで、先日の宣言どおり、

バーナーにちっとも火を入れてない私ですがcoldsweats01

せめてその間は目を養おうかな、と思っております。

例えば展示会を見に行くとか、、講習を受けるとか、、、。

そういえば、もう6月の話ですが、私の通っている教室で

小野 遼先生を招いてくださり、講習を受けさせて頂きました。

小野先生はいろんな技法を使われますが、その日は特に、

うちの先生がやらない(と、先生ご自身が宣言smile)、

点打ち引っかきを中心に。

同じく作家の赤木先生も同行され、私の先生も含めて3人、

「なんて豪華なメンバーなんだー」

と思ったそばから、前日飲みすぎで(私の)先生、ダウン。

「あとは小野先生に頼んだよー。うっ、気持ちわる・・・」

・・・って、オイオイ!

でも小野先生はと言えば、さわやかに、そしてすごくわかりやすい説明で

午前午後とも、講習をしてくださいました。

そのうちのひとつ。 「ねずみちゃーん」

Photo_6

↑は私作のねずみなので、目がついてたり、耳がまっすぐだったりの

邪道ねずみです。(勝手に目をつけました)

先生オリジナルは、カワイイのはスキではないということで、

目はついてない、そしてもっとスタイリッシュなCOOLなねずみですshine

でもなんといっても、今回私にとって一番の収穫だったのは、

黒ガラスを銀化させずに玉にする技。

やり方はなんとなく知ってたけど、実は実際やったのは初めて。

今まで、やりたかったけど、銀化とススを恐れて、

黒ガラスをメインにするのを敬遠してましたが、、

先生のおかげでなんだかやれそうな気がしてきました!

そんな小野先生の個展も、ちゃんと見てきましたヨ~。

(7月1日~10日、神谷町・アトリエヤマガタにて)

会場はお客さんで大盛況でした。

小野先生といえば・・・の腕輪も色がとってもきれいで欲しくなりました。

(実はためしにはめて、取れなくなって焦りました・・・・sweat01

アクセサリーに組むセンスも抜群の小野先生なので、

その場でささっとアクセサリーに仕立てたりもしてました。

いい目の保養をさせて頂きました~

   

| | コメント (0)

半日ワークショップ

最近、制作ペースが落ちたまま・・・・(-_-;

やる気も出ないが、やってもいいものが出来ない・・・

頼まれ物もたまっているのに、とほほです。

気合を入れる意味もこめ、

先日、なかの雅章先生の半日ワークショップに行ってきました♪

見せていただけるのは『蝶のムリーニ』です。

Dsc00170  ←デモ玉

 デモ玉の中は、横向きの蝶々。

 玉の表面を氷のように仕上げたのも、面白いでしょー?

 

一応、ムリーニは正面と横向きの両方で作ってくださいました。

事前にある程度用意してくださっても、半日なので結構時間的にタイトで、

先生はホントに汗だくで、、、、先生、お疲れ様でした。

わりとパーツひとつひとつは、ささっとおおらかに作っているように見えるけど、

組み合わせてムリーニにすると繊細な蝶になるのがスゴイなぁと思いました。

私の教室の先生は、わりとどの工程も細かく丁寧なので、新鮮。

だけど、プロの先生がおおらかに作るのと、へたっぴな私が大雑把に作るのじゃ

大違いなんですな(^-^;

先生は基本が上手であることを前提に、ささっと作られるのであって、

決して私のようにテキトーではないことを忘れちゃなんねーよ、私。

結構ワークショップはあちこち参加するけど、

やっぱりプロの腕前をじかに見るのは、いつも勉強になります!

デモしながら合間に聞くお話も、すごくヒントになるし。

まぁそれをどうやって自分の玉に生かすか、が今後の課題ですが、

まずは模倣から始めてみよう~♪

(多分、全く違うシロモノが出来るだろうけど・・・・・・・・・)

| | コメント (0)